トラブルはないと思う

読んだ本、買った本を記録していきます。読んだ本は、ショートコメント・感想付です。

博士の愛した数式

2009-05-31 Sun 06:55:40

博士の愛した数式 (新潮文庫)のコメント

評価:A(Sに近いかな)
コメント:俗にいう、心がやわらかくなる本である。友愛数だとか完全数だとか、数学というか数字には、偶然かもしれないけど不思議な魅力があったりする。それは、私も前から知っていた。いわゆる、数学オタクと言われても不思議ではない時期があったので。

それはさておき、普通は数学なんていうと、敬遠されがちではあるが、見事な説明というか描写である。80分しか記憶がもたない博士と、小学生の男子。なんていうか、二人の交流の描写が、これまた秀逸である。

ここに出てくる博士は、純粋ですね。純粋というか、本能のままに生きているような気がします。

ただ、読み終えて、スッキリした感じがありません。モヤモヤ感が残っているのです。そのあたりのこともあり、私の評価はSじゃなくAくらい、なのかな?

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。
PR:オンライン書店【ビーケーワン】は1500円以上の買い物で送料無料

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

テコキ - 大阪十三のメンズエステ求人募集

『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目で働く意欲のある方は驚くほど稼げますよ☆まずはお気軽にお問い合わせください。

小川洋子『博士の愛した数式』

応援クリックお願いします! 今回は小川洋子『博士の愛した数式』です。 小川洋子は1962年、岡山県岡山市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。 1984年、倉敷市の川崎医大秘書室に就職。1986年、川崎製鉄のエンジニアの男性との結婚を機に退職し、小説の執筆に....