トラブルはないと思う

読んだ本、買った本を記録していきます。読んだ本は、ショートコメント・感想付です。

起きていることはすべて正しい

2009-05-23 Sat 23:00:23

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術のコメント

評価:B
コメント:巻末にあったおすすめ本リストは、なかなか使えるかもしれない。誰にでも出来ることと言いながら、誰にでもできないことが書かれています。成功するためのテクニックと言っていますが、やはり基礎体力なしに技術だけ磨くというのでは駄目だと思います。

勝間さんは、若い頃の自分を卑下していますが、それって違うような気がします。だって、学生時代に公認会計士の試験に受かっているし、アーサーアンダーセンでしたっけ?そこに採用されています。やはり、地頭とでもいうんでしょうかね。元々、頭のいい人なんですよ。

要するに、ある程度頭のいい人が、もっといい仕事、もっといい人生を歩むために、っていうのがこの本なわけです。なので、はっきりいうと、この本は「中の上」レベル以上を自覚している人向けの本だと思います。普通の、「中の中」レベルの人では追いつけない内容かと。

で、肝心の本の内容については、決して新しいことがないのです。新しいことがないとは、巻末で紹介されているビジネス書のエッセンスを勝間さんがかいつまんで、説明しているだけなんですよ。説明しているだけと言っては語弊があるかな。でも、それだけのように感じました。

つまり、勝間さんはたくさん本を読んでいて、そうした本から、どう生きるか、どう仕事をするか、っていうことを常に考えていたんだと思います。そして、そういう経験を書いたのが、この本(起きていることはすべて正しい)なわけです。


なんていうのかなあ。新しいことはないけれど、先人の知恵を自分はどうやって活かしてきたか、その視点が新しいのかな。いわゆる、良い本の良いところをとってきて、それを彼女なりに解説している。そんなところでしょうかね。

で、起きていることはすべて正しいのです。つまり、現実から逃げては駄目なんでしょかね。ビジネス書を何冊も読んだ人なら、もう一度頭の整理に読んでみてもいいかもしれない。ビジネス書を読んだことのない人なら、良いとこ取りしたこの本はいいかもしれない。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。

PR:楽天ブックスは品揃え200万点以上!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら