トラブルはないと思う

読んだ本、買った本を記録していきます。読んだ本は、ショートコメント・感想付です。

思考のボトルネックを解除しよう!

2008-10-25 Sat 17:46:51

思考のボトルネックを解除しよう!のコメント

評価:C
コメント:思考のボトルネックとあるが、ボトルネックというのは必ずしも思考に限ったのものではない。本書の最初にも、会社の業績を決定するのは、できる社員ではなく一番できない社員である、なんてことが書かれている。もはや、この一言がボトルネックの本質を表しているのではなかろうか。

ただ、本書の内容は、いわゆる普通のビジネス書とでもいおうか、特に目新しいことはない。とりわけ、思考のボトルネックとして、情報、手法、技能の3つを挙げている。要するに、情報(知識)がなくては成果は出せないし、手法や技能が身に付いていないと成果は出せない。どこか劣っているものがあれば、結局その劣った部分によって人の実力は評価されてしまう。まあ、こんなことは当たり前であろう。
本書では、例えば情報がボトルネックになっていても、情報のボトルネックを感じさせない方法を論じている。いわゆる、レバレッジをかけると表現しているが、ちょっとこの部分がひっかかった。というのも、そんなこと言ったら、それまでの論じてきたことを否定するような気がするからである。なんて言ったらいいのか、どんなにレバレッジをかけても、知識不足っていう事実は変わらないわけであって、情報のボトルネックを手法や技能で引き上げるっていうのは、所詮見せかけ、小手先のテクニックのような気がしてならない。

もちろん、小手先のテクニックでもなんでも、その場をしのぐための手法を身につけておいて損はないであろう。しかし、そのことに満足しては、なんかいけなような気がする。

と、若干読んでいてしっくりしない面もあったのだが、どうやって情報を増やすか、どうやって手法や技能を身につけるか、書面の都合上深い部分まで論じてはいない。しかし、参考文献がしっかり紹介されているので、気になる部分はそこで紹介されている本を読むのがよかろう。

小手先のテクニックでも何でもいいから、ピンチを切り抜けるコツを身につけたい人にとっては、いい本かもしれない。いや、本書だけでテクニックが身に付くわけではないのだが、レバレッジをかけるというのがどんなことか、そのイメージだけは分かるんじゃないのかな。ちゃんと、値段に見合うだけの価値はある本だと思います。

あと、それから、何かをやりながら別のこともやりましょう、なんていうのは、その通りだと思いましたね。簡単な例では、掃除をしながら洗濯機をまわすとか、何かの作業中に別のこともやってしまおうっていうこと。マルチタスクのすすめっていうことですが、マルチタスクをできるかできないかで、人の能力は大きく違ってくると思いました。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。

PR:オンライン書店【ビーケーワン】は1500円以上の買い物で送料無料

コメント

書評ありがとうございます

思考のボトルネックの著者の石川です.
お読みいただきありがとうございます。

ありゃーC評価ですか。
個別の手法はどうでも良くて、もっと
別なところの意図があったのですが、
私の書き方が悪いのですね。
素直に反省いたしております。
精進いたします。

今後も本を出していきますので、
またご意見賜りたく、
宜しくお願いいたします。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

思考のボトルネックを解除しよう

自分用にメモ 思考のボトルネックを解除しよう! 知っていることとできることは違う。 単純化、標準化する。 まず真似ること。 ヌケ・モ...