トラブルはないと思う

読んだ本、買った本を記録していきます。読んだ本は、ショートコメント・感想付です。

起きていることはすべて正しい

2009-05-23 Sat 23:00:23

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術のコメント

評価:B
コメント:巻末にあったおすすめ本リストは、なかなか使えるかもしれない。誰にでも出来ることと言いながら、誰にでもできないことが書かれています。成功するためのテクニックと言っていますが、やはり基礎体力なしに技術だけ磨くというのでは駄目だと思います。

勝間さんは、若い頃の自分を卑下していますが、それって違うような気がします。だって、学生時代に公認会計士の試験に受かっているし、アーサーアンダーセンでしたっけ?そこに採用されています。やはり、地頭とでもいうんでしょうかね。元々、頭のいい人なんですよ。

要するに、ある程度頭のいい人が、もっといい仕事、もっといい人生を歩むために、っていうのがこの本なわけです。なので、はっきりいうと、この本は「中の上」レベル以上を自覚している人向けの本だと思います。普通の、「中の中」レベルの人では追いつけない内容かと。

で、肝心の本の内容については、決して新しいことがないのです。新しいことがないとは、巻末で紹介されているビジネス書のエッセンスを勝間さんがかいつまんで、説明しているだけなんですよ。説明しているだけと言っては語弊があるかな。でも、それだけのように感じました。

つまり、勝間さんはたくさん本を読んでいて、そうした本から、どう生きるか、どう仕事をするか、っていうことを常に考えていたんだと思います。そして、そういう経験を書いたのが、この本(起きていることはすべて正しい)なわけです。

→この記事の続きを読む→

どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座

2009-05-23 Sat 10:47:24

どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)のコメント

評価:B
コメント:小宮一慶氏の、ビジネスマンのための・・・シリーズ、結構好きで読んでいます。で、この本もその続きかなと思って購入してみました。率直な感想、、、うーむイマイチってところですかな。なんとなく、ですけどね。

とまあ、それは僕が社長じゃないからかもしれませんが、歯切れが悪いというか、切れ味がちょっと、と感じました。とはいえ、幾つか気になったことを自分のためにメモ。

目的よりも目標。
人は通常のときには給料についてくる。しかし、しんどい時にはビジョンや志についてくる。
モチベーションよりも働きがい。
気合いよりも具体化。
ROEよりもROA。

特に、最後のROEよりROAって、その通りだと思います。だって、資本を削れば、ROEは高くなりますからね。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。
PR:オンライン書店【ビーケーワン】は1500円以上の買い物で送料無料