トラブルはないと思う

読んだ本、買った本を記録していきます。読んだ本は、ショートコメント・感想付です。

2009年10月に読んだ本

2009-10-31 Sat 16:02:21

10月に読んだ本は、以下の5冊。

格付が上がったらこんなに借りられた―なるほどそうだったのか!元大手銀行員がこっそり教える融資のコツ
厭な小説
理解されないビジネスモデル 消費者金融
金融屋―借金漬けにされる消費者たち
世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

このうち、お勧めは、、、「金融屋―借金漬けにされる消費者たち」かな。

2009年9月に読んだ本

2009-10-03 Sat 21:05:46

世界同時バランスシート不況―金融資本主義に未来はあるか
「あるがまま」を受け入れる技術 (PHP文庫 か 1-2)
わかりやすく〈伝える〉技術
カフカ短篇集 (岩波文庫)

と、この4冊しか読んでなかった。
なにかと忙しかったからなあ。
ほんと、忙しいという字のごとく、心を失っていた(笑)

なお、読んだ本は、どれもいい本であった。そういう意味では、量より質を実践したということか。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。
PR:楽天ブックスは品揃え200万点以上!

2009年8月に読んだ本

2009-09-02 Wed 23:29:45

8月は、9冊読んでいた。

英語がうまくなる人、ならない人 (生活人新書)
1973年のピンボール (講談社文庫)
村上朝日堂はいほー! (新潮文庫)
多読術 (ちくまプリマー新書)
キルリアン
ワルが教える厄介な人間のあしらい方
親子という病 (講談社現代新書)
早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)
サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫)

これといったものはなかったかな。読んでいて面白かったのは、この中だと、村上朝日堂はいほー! (新潮文庫)かな。少し古い本だけど。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。
PR:楽天ブックスは品揃え200万点以上!

2009年7月に読んだ本

2009-08-01 Sat 21:33:57

7月に読んだ本は、合計6冊。あまり読めなかった。ちょっと、忙しく、疲れていた。。。
ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム (講談社BIZ)
裁判長!話が違うじゃないですか-国民に知らされない裁判員制度の「不都合な真実」
単純な脳、複雑な「私」
ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
贅沢な出張 全国鉄道ガイド―最新グリーン車案内 (角川oneテーマ21 (B-79))

ざっと、5日で1冊のペースか。読みかけが何冊あるから、8月にはもう少し記録できそうである。

記録するために読むというのではなく、読んだら記録する。記録をメインにすると続かないだろうから。

2009年6月に読んだ本

2009-07-02 Thu 05:59:48

先月読んだ本は、全部で10冊。数としては、まあそんなもんか。ちょっと、本を読む時間が足りなかったし。で、おすすめは、絶対貧困人を見抜く技術の2冊、かな。読んだ本のリストを再掲。

魂とは何か さて死んだのは誰なのか

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)

絶対貧困

年収200万円からの貯金生活宣言

2011年まで待ちなさい! ~世界経済の裏を知る!元外資系投資銀行社長が書いた!3年後にお金持ちになる資産運用

お金の地図ーー先の見えない時代を生き抜くお金の基本

ゼノンのパラドックス―時間と空間をめぐる2500年の謎

考える力がつくフォトリーディング

2009年5月に読んだ本

2009-06-02 Tue 23:20:51

先月は、全部で14冊読んだことになる。

潮騒 (新潮文庫)
「知の衰退」からいかに脱出するか?
海辺のカフカ
あなたはなぜ値札にダマされるのか?―不合理な意思決定にひそむスウェイの法則
俺は、中小企業のおやじ
クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
丸山眞男を読みなおす
14歳からの哲学 考えるための教科書
地球温暖化後の社会
博士の愛した数式 (新潮文庫)
現代日本の小説 (ちくまプリマー新書)
ポックリ死ぬためのコツ―本人も家族も満足な理想の死に方をするために

まあ、比較的いい本に巡り会えたかな。読んで損したというような、外れ本はなかったし。かといって、これは! といえるような本がなかったのも事実。強いて挙げれば、、、「14歳からの哲学 考えるための教科書」は良かったかも。

現在、この本と同じ著者が書いた、「魂とは何か さて死んだのは誰なのか」っていうのを読んでいる途中。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。
PR:オンライン書店【ビーケーワン】は1500円以上の買い物で送料無料

2009年4月に読んだ本

2009-05-03 Sun 08:27:33

先月は、全部で20冊読んだらしい。
で、それらを列挙しておく。

人生に生きる価値はない
30歳の保健体育
「脳にいいこと」だけをやりなさい!
豊饒の海
顔のない裸体たち
大人のための文章道場 (角川文庫)
クマのプーさん (岩波少年文庫)
伊豆の踊子 (新潮文庫)
仮面の告白 (新潮文庫)
小説の書き方 小説道場・実践編 (角川oneテーマ21)
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
蛇にピアス (集英社文庫)
ネットじゃできない情報収集術 (マイコミ新書)
ロシア 語られない戦争 チェチェンゲリラ従軍記 (アスキー新書 71)
真夏の死―自選短編集 (新潮文庫)
ストロベリーナイト (光文社文庫)
ヤリチン専門学校 ~ゼロ年代のモテ技術~ (アフタヌーン新書 002)
インテリジェント・セックス (祥伝社新書145)
古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」
デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書)

このうち、一番のおすすめは、ロシア 語られない戦争 チェチェンゲリラ従軍記 (アスキー新書 71)、です。

にほんブログ村 「本」ブログ人気ブログランキングで、他の読書関連ブログを探してみましょう。
PR:オンライン書店【ビーケーワン】は1500円以上の買い物で送料無料

2009年3月に読んだ本のまとめ

2009-04-05 Sun 20:25:53

3月に読んだ本は、全部で10冊ということになる。

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
企業価値向上論講義 社長の器
眠らない―不眠の文化
猫を抱いて象と泳ぐ
蹴りたい背中 (河出文庫)
ゼロ戦の秘密 (PHP文庫)
言いづらいことが「サラリ」と言える本
芥川賞を取らなかった名作たち
落語家はなぜ噺を忘れないのか
徹底抗戦

うーむ、案外読んでいたのかも。大半が、週末、一気に読んだ本のような気がする。通勤電車では、三島由紀夫の豊饒の海を読んでいるからなあ。現在、第三巻を読んでいるところ。

→この記事の続きを読む→